4日後には18歳とデートの約束!【あみ】との出会い 其の二


メッセのやり取りは、比較的スムーズだ。

なんといっても、相手は大学生。
時間はあるのだろう。

メールのさくさく具合は半端ない。
まだまだマッチング一日目にもかかわらず、

うちの大学、広いですからね。
今度、大学案内しますよ

僕はライトなノリで、そんなメールを送った。

案内してくれるんですか!
何学部だったんです?

おぉ!!すごい食い付きだ!!

法文学部ですよ^ – ^

経営専攻です!
実は◯◯大は隠れスポットがたくさんあるんです(笑)

法文の友達いますよー!

ぜひ教えてください!

お!すごいな!!

僕はあみとつながって、一日目でデートの約束を取り付けた!
もうちょっと正確に書くと、2~3時間ぐらいかな。

そして、結論から言うと、実際にデートになるのはそれから4日後だった。



見ず知らずの18歳と4日にはデートが出来ちゃう。

なんて良いサイトなんだペアーズ!
感謝感激を交えながらも、僕はメッセを続けていった。

地元はどこなんですか?

大学、たのしいですか?

サークルとかはやってますか?

なんでペアーズ始めたんですか?

彼女は一個一個にちゃんと答えてくれた。

大学に入学はしたものの、毎日がそんなに楽しいわけではなく、
友だちに勧められてペアーズを初めてみたらしい。

地元も、大学から1時間ぐらい離れているところだから、
サークルには入ってないらしい。

そんな風に、お互いのことを話し合いながら、
二人のスケジュールを合わせて行った。

木曜は3限だけなので
夕方空いてますよー♪

お!よし、行ってやろうじゃないか!
仕事中だけど(笑)

なんとか、スケジュールを調整して、
その時間に営業回りにいけるようにしよう。

そうやって、僕は、キャピキャピの大学生あみと
あうことになったんだ。

こんなにスムーズに合うことが決まるなんて!

しかし、僕はまだこの時、
大切なことを忘れていることに気づいていなかった。

そのミスの重みは、あみとの出会いの瞬間。
思い知らされることになる。




このページの先頭へ